2017年10月05日

【K's Guitar Shop NEW ALBUM】特別企画 その2

前回に引き続き、新作に関してちょっとだけお話しします
>Vol.2 曲

-では早速ですが、今回収録される曲のジャンルを教えていただけますか?

「1曲目から順に、スラッシュ、四つ打ち、正統派ハードロック、
メロコア、アニソン系メロコア、正統派メタル、ここ数年流行ってる様な感じの奴、
ゴリ押し系、和風メタル、グルーブメタル、メタルコア、
スラッシュ、ブルース、最後はハードロックにしておいた方がいいのかな?
トラックリストって送ってましたっけ?」

-届いていますが、所々ギターインストとしては疑問符のつく様なジャンルもありますね

「パンク・メロコア系は歌詞で反骨精神見せてナンボみたいな部分が無いとわかり辛いよねー(笑)。
でも実際ルーツを探るとそうなっちゃう感じで」

-どういうインプットの結果は後ほど聞くとして、先に軽い解説をお願いします

「1曲目のLIBERATIONはそのまま、解放です。
突っ走るこのリフでアルバム全体のイントロとしています。
それに続くIron Bottom SoundはBPM的に一旦落ち着くのですが、
普段と少し違う作風でこのアルバムは前回よりも、
一段回確実にステップアップしたと宣言する順番にしました」

-確かにワブルベースが入ったのは前作との大きな違いですね

「この1曲しか使ってないですけど。
で、そこから徐々にメタルに近付ける様な曲順になっています。
Iron Bottom Soundの次から7曲目まではレギュラーチューニング、
8曲目から12曲目までドロップD以下です。
11曲目だけ珍しくドロップCまで下げました」

-その理由については?

「単純にイントロとサビのこのフレーズが、このキーで頭の中に来たんですよ。
そうなったらそれをキーにしないとイメージ通り作業が進まないですから。
器用貧乏は困りますよ(苦笑)。13曲目からまたレギュラーチューニングに戻るんですけど、
13曲目で一旦アルバム全体としてのアウトロを迎えます。
ここで一区切りついて、これまでのサポートへの感謝も込めて、
Caliburn(前作収録)以後の代表曲と言えるコレの新録でシメとなります」

-多彩な曲をひとまとめにするのは大変ではありませんか?

「楽しいですけどね、どこでどう聞かせるのがこちらからオススメする最高の曲順か、
ってところは悩みますよ。でも、それが最終的にハマった瞬間は本当に気持ちいいんです。
だからこそ、作曲・録音以外の作業がちゃんと進む感じですね」

-やはり事務作業やミキシングよりは演奏の方が?

「楽しいに決まってますよ、プレイヤーですから(笑)」

-そんな弾いていて一番楽しかった曲はどれでしょう?

「難しいけど…12曲目、Pale Lanceのメロディなんか最高ですよ。
ラストサビから曲の終わりに向かって盛り上がっていくあの感じとか、完全に自慰ですし(笑)」

-逆に難産だった曲や、難しかった曲などは?

「キッチリ弾かないといけないっていう意味では、7曲目とか。
これはしんどいですよ、ベースとのユニゾンでひたすら単音リフを弾き続けるあの感じ。
ズレても良いなら弾いてて気持ちいいんですけどね」

-その難しかった曲も含め、どんな演奏になったのか楽しみです

「是非楽しんで貰いたいです、苦労したらその分クオリティは上がりますからね、辛いですけど」

次回へ続く


posted by 茶豆 at 00:00| C93 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする