2014年08月31日

【GIT MASTERS 2014】東京【色んな人達の意地と魂】

先日のリムショット、ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした。

私茶豆、昨晩行われた打ち上げには参加しておりませんでした。

全ては翌日、つまり本日予定されていた由緒正しいイベントへの参加の為でございます。


GIT MASTERS 2014


MI JAPANとYOUNG GUITARによるギターヒーロー発掘オーディションとのことです。

私にとっては腕試しの場という意味合いでの一次予選への応募でした。

用意した曲はオリジナル曲、サークルのセルフタイトルアルバムの2曲目を飾った「Regenerate」。

今まで聞いた音楽のありとあらゆる要素が自然に凝縮されたこの曲と、

今まで経験した現場での全ての経験等々・・・

予想していなかった二次予選にて、全てを全力で出し切る、

「実技審査」ではなく「ライブ」をしました。

勿論、二次予選突破等考えていませんでした。

相手は音楽学校の生徒等々、ただひたすら、「こういう奴が居る」と見せつけることを考えました。

全力を叩き込んだ演奏の結果、この様な栄えある賞を頂く結果となりました。


IMG_1430[1].JPG


「ポカーン」という顔文字がありますが、名前を呼ばれた時、正にその顔をしていました。

下の名前が同じ人が居らっしゃいまして、下の名前から最優秀賞の名前が呼ばれた時、

完全に他人事として、「悔いは無い、頑張った」とだけ考えていました。

次に呼ばれた苗字は、私の苗字でした。

何が起きたのかわからず、一切の反応が出来ませんでした。

呼び間違いではないか、色々考えた挙句本当に呼ばれたと実感し、なんとか壇上に上がりました。

賞状の文面を読み上げられ、賞状を受け取り、うろ覚えですが、こう言いました。

「10年以上ギターを弾き、5年以上音楽活動をして来て、この様に評価されるとは思わなかった」

「何もかも全部背負った上で、東京でひとつ爪痕を残して帰って来る」


今月は仕事の繁忙が予想され、何が起きるかわからない状況です。

体調だけは万全の状態で整えて、東京に行こうと思います。

そして、何はともあれ、「いつも通りのライブ」をして来ます。

決勝まで残ったところで何も変わりません、評価して貰うのは飾った演奏ではなく、いつものライブです。

「今まで貫いて来た物を今更曲げられるのは自分の死以外に無い」

ただひたすら、茶豆節を、K's Guitar Shopの流儀を見せつけて来ようと思います。

その後、どうなるかはまったくわかりません。

今まで通りのやりたいことをやりたい様にやる音楽活動が続けられるのか、不安です。

ですが、どんな形であれ応援してくれる方がいる以上、全力でぶつかってくるだけです。

9/28、気が向いたら東京の方を向いて、魂を飛ばしてください。

そのひとつひとつを受け止めて、ピックからギターに叩きつけて帰って来ます。

今後も応援をよろしくお願い致します。


9/28 茶豆

posted by 茶豆 at 23:27| Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする