2018年05月15日

レフティストラト再生への道 〜第0話 スタートライン〜

[はじめに]
おれこと茶豆はESPギタークラフトアカデミー卒業生であり、

冬コミのCDでもソロや最後のブルース等の曲で積極的に自作のギターを使用しています。

更にベースはGCA2年次における一本目の作品であり、完成後にレリック処理を施し、

OVERDRIVEの「キラ☆キラ」に登場する伝説のプレシジョンベース、「スェンダー」風になりました。

無論、GCA入学前にもギターは複数所持していましたが、

その中でも1本、どうしても最近欲しかった仕様ながら、

作りの若干の荒さ等の問題で放置されているギターがありました。

この企画ではそのギターをライブで使用可能なレベルにまで持って行く過程の記録…

の、予定である名状しがたい何かです。

序章を読む
posted by 茶豆 at 00:24| レフティストラト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする